NAVIGATION
地道な活動がエコの王道です

トレーはリサイクルしてエコ活動

就職や進学などで親元を離れて、自分だけの新生活が始まると、まず心配になるのが食事でしょう。しかし実際に生活すると食事は外食でまかなったりお弁当を買ったりできますから自炊ができない日でもなんとかなりますが、自分がやらないと誰もやってくれないのが掃除と洗濯とゴミ捨てです。生活していく中で、ゴミは捨てる日も決まっていますし分別も必要なので適当に済ませようと言う訳にはいきません。そこで、新生活スタートと同時に簡単にできるエコ活動からスタートしてみてはいかがでしょうか。

食品トレーやペットボトルや缶など見てすぐに分別できるものは資源ゴミ回収の日に決まった場所に出すか、スーパーなどでリサイクルボックスがある場合は利用すると便利でいいでしょう。地方自治体の資源ごみ回収は決まった日の決まった時間に出すことが必須となりますので忘れてしまうと次の回収まで家の中に置いておく必要があります。そうなると、かなりの量を溜めてしまう人もいるでしょう。しかし、スーパーや公民館などに設置されているリサイクルボックスを利用すれば自分が持っていきたいタイミングで持参すればいいだけです。場所によっては図書館の入口に設置されている事もあります。そのまま本を借りて帰ったり買い物を済ませて帰ったりすることもできますのでなにかのついでにエコ活動を自然にしていることになります。通勤時に寄り道するスーパーや、家の近くの自治体の回収拠点などを活用していきたいですね。

おすすめ情報