NAVIGATION
地道な活動がエコの王道です

エコ容器である、トレーの有効利用

プラスチック容器、トレーは、資源化すべき商品です。トレーの原料は石油であり、石油は有限な地球上の資源で、無駄にすることは出来ません。今日の日本は、過剰な消費する生活スタイルから、少ない資源から、効率よく生活する、エコ社会へと変換する過渡期だと、考えられます。資源の有効利用は、社会人の必須スキルです。

トレーを、リサイクルする際に、注意する点を、あげておきます。まず、第1に分別を、しっかりとします。分別のルールは、各自治体によって、違うと、思われます。よく、わからないとこは、市役所など、担当者に、質問し、分別のルールを、守るようにします。分別が、間違えば、リサイクル可能な資源が無駄になる可能性も、あります。次に、トレーの中身は、しっかりと使いきってください。汚れがあると、リサイクルすることはできないので、よく、トレーを洗って、汚れのないようにして下さい。また、汚れが取れないトレーは、可燃ゴミとして、処理して下さい。そして、トレーは、トレーのみ、リサイクル用の、ゴミ袋に、入れて下さい。トレー以外の物が、入っていると、リサイクルの、障害になる可能性があります。以上のように、気をつけて、トレーを、リサイクルゴミとしてだせば、資源を有効利用することができます。トレーは、原料の石油の使用量が少なく、中身は、ほとんどが、空気の泡でできている省資源容器です。さらに、リサイクルすると、そのトレーは、理想の生活マストアイテムとして、エコ活動の手本になるでしょう。